FamilyPic          日本医療安全学会 Japan Society of Clinical Safety (jpscs)

 





「clinical safety」の画像検索結果



 

医療安全基礎講座2015

 

(専従医療安全管理者・専任医療安全管理者・

歯科医療安全管理者、医療機器安全管理者・医薬品安全管理者向け)

(
テーマ)  医療安全の基本課題

 

主催 国際医療リスクマネージメント学会

後援 日本医療安全学会

 

会期 2015624()26()

 

 会場  東京大学伊藤国際研究学術センター・ホール (定数400)

 

 

   ご挨拶  プログラム 交通案内  構内地図  推薦宿泊  

 

             ☞ 医療における各種の安全教育プログラム(日本国内向け)

 

 

 

 

満席のため参加申込受付を締切ました。 --- 612

 

 

 

 

参加申込用紙 (FAXないし郵送)   (参加費が明記されています)

 

 

 

 

 (対象者) 国際医療リスクマネージメント学会の会員、日本医療安全学会の会員、医療安全管理者、臨床リスクマネージャー、医薬品安全管理者、歯科医療安全管理者、医療機器安全管理者、 医師、看護師、薬剤師、歯科医師、臨床工学技士、放射線技師、歯科衛生士、医療従事者、医療産業従事者。

 

 

医療機関の方へ

 本基礎講座は、医療安全活動を実施する際に必要となる、医療安全に関する基本的な知識、ならびに、院内での医療安全研修会開催のための基本資料を提供するものです。

 

 

 

(1) 本プログラムは、学会認定「高度医療安全管理者」資格制度での必須科目の一部ともなります。

 

☞  学会認定「高度医療安全管理者」資格制度について

  

  本基礎講座では認定試験を行いません。

すべての科目の履修完了後に資格認定申請される際には、本講座の受講終了書のコピーも提出ください。

 

 

(2) 医療安全対策費の診療報酬を申請予定の医療機関の方へ

1.      1) 本プログラムは、厚生労働省の診療報酬改定による「医療安全対策」として診療報酬申請に加算する際に、加算の対象となる2015年度の研修教科内容の1部にもなります。この場合は、2016年度冬季セミナー(20162月の3日間実習)と併せて参加されることをお勧めします。

2.    

ただし、本基礎講座と秋季ミナー(2015年秋の3日間)と合わせただけでは 、指定される実習が含まれないため、適用外です。秋季セミナーの内容は基礎講座と異なりますが、秋季セミナー参加者は冬季セミナーと合わせてご利用ください。

申請の際には本プログラムと受講証を添える必要があります。

厚生労働省の平成18年度診療報酬改定に係る通知等

 

 

2) 平成22年度診療報酬改定(平成22年告示第69)により、専従医療安全管理者以外に、専任医療安全管理者が医療安全対策費の対象となります。(厚生労働省説明資料 平成22年3月5日)

     (専従の医療安全管理者) 医療安全管理業務のみに特化する。
     (専任の医療安全管理者) 主に医療安全管理業務に従事し、他の業務との兼任が可能。

 

 

3.    3) 上記で厚生労働省通知にいう「専従/専任の医療安全管理者」とは、医師、看護師または薬剤師などの医療有資格者であり、事務職員は含まれません。

4.    

 

 

 

(3) 日本医療評価機構による「病院機能評価 統合版評価項目V6.0」の認定取得の方へ

 

(以下の訂正がありますので、ご注意ください。 )

 

:  本プログラムは、日本医療評価機構による「病院機能評価 機能種別版評価項目3rdG:Ver.1.1」(2014版)」の認定申請の際にも利用いただけます。

 

:  本プログラムは、日本医療評価機構による「病院機能評価 機能種別版評価項目3rdG:Ver.1.1」(2014版)」の認定申請の際に資料として利用いただけます。

 

 

 

 

 

 

  

 

参加者への連絡


事前配布資料


1)    テキストと領収書は624日の朝に受付でお渡しします。受講終了書は626日の最終講義の後にお渡しします。

 

 

 

2)   両日とも院内および学内の食堂が開店しています。講演会場での飲食は一切禁止されています。

 

本郷キャンパスレストラン地図

 

 

 

3)   本教育プログラムは知的財産保護法により、カメラ撮影・ビデオ撮影・音声録音ができません。

 

 

 

4)   冬季セミナーに参加されなくても、本講座だけの受講が可能です。

 

 

5) 本プログラムは、「学会認定の高度医療安全管理者」資格を必要としない方もご参加いただけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

企業協賛のお申込み方法

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

担当事務局: 

国際医療リスクマネージメント学会本部

 

113-0033 東京都文京区本郷4-7-12-102

113-0033 東京都文京区本郷4-36-2-103



(電子メール) お問い合せ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

C) WHRMC 2013  このホームページはリンク自由です。