医薬品安全管理研修会2018秋季

(13)

 

 

 

医薬品事故防止のための様々な取り組みと新規薬剤の適正使用

 

 

 

 会期 2018121()122()午前

 会場 東京大学法文1号館25番講堂

 

 

主催 国際医療リスクマネージメント学会

     

 

 

 

 

 

 (趣旨)  厚生労働省2007326日省令により、薬局開設者はその従業員に対し、医薬品安全管理上の指定課題に関する年2回程度の教育研修会の開催を義務されました。本セミナーは、各病院薬剤部や薬局開設者による医薬品安全管理研修会に対し、基礎となる参考資料を提供するものです。参加者には2日分の受講証をお渡しします。

  本プログラムは学会認定「高度医薬品安全推進者」制度での必須受講科目です。

 

 

受講対象者:  国際医療リスクマネージメント学会ないし日本医療安全学会の会員、医薬品安全管理者、薬剤師、医師、歯科医師、看護師、医薬品製造・輸入・販売業者、その他

 

 

 

 

 

プログラム 

 

第1日目 2018121()

 

 

 

 

入場開始: 午前9

 

 

午前10時〜1050分 医薬品安全に向けて薬剤師に必要なコミュニケーションスキル

                 井手口 直子 帝京平成大学薬学部 教授

 

 

午前1050分〜11時  小休憩

 

 

午前11時〜1150分 院内製剤の現状と問題点

                    百 賢二 (帝京平成大学薬学部 准教授 前筑波大学病院薬剤部)

 

 

午前1150分〜午後1時 昼休憩

 

 

午後1時〜1時50分  特別セッション1(新規薬剤) —関節リウマチの最新の薬物療法と適正使用—

                     バリシチニブ、サリルマブなどの新薬を含めて

                   南木 敏宏 (東邦大学大森病院リュウマチ膠原病センター・センター長、教授)

 

 

午後150分〜2時   小休憩

 

 

午後2時〜250分   特別セッション2(新規薬剤) —抗てんかん薬の最新の薬物療法と適正使用-

                          ペランパネル、ビガバトリン、ラコサミドなどの新薬を含めて

                  永山 正雄 (国際医療福祉大学熱海病院副院長、神経内科教授)

 

 

午後250分〜3時   小休憩

 

 

午後3時〜350分  医薬品安全-パッシブからアクティブへ-

             夏目 義明 (横浜労災病院薬剤部 薬剤部長)

 

 

            

 

 

1日目 閉会

 

 

 

 

 

 

2日目 2018122()午前

 

 

 

入場開始: 午前830

 

 

午前9時〜950  小児の腎疾患に対する最新の治療薬と適正使用

                    平本 龍吾  (松戸市立総合医療センター 小児医療センター長 小児科部長 小児集中治療科部部)

 

 

午前950分〜10時  小休憩

 

 

午前10時〜午前1050分 高齢者の薬物療法の安全性の確保-ポリファーマシー対策の現状と問題点-

              大島 繁 (城西大学薬学部准教授)

 

 

午前1050分〜11時  小休憩

 

 

午前11時〜1150分  医薬品安全に指向した統計データの解釈と活用

                    濃沼 政美 (帝京平成大学薬学部 教授)

 

 

 

2日目 全体閉会

 

 

 

 

 

 

 

 

-----------------------------------------------------------------------------------

C) IARMM2018  このホームページはリンク自由です。