世界学会 - 国際医療リスクマネージメント学会 (日本向けの簡易版ホームページ)     世界学会の公式サイト

  入会手続きの方法   活動概要と年会費   オンライン届出   オフライン届出   賛助会員
  J Med Safety 投稿規定   〒113-0033 東京都文京区本郷4-7-12-102   TEL/FAX: 03-3817-6770   E-mail: head.office01@iarmm.org



新着情報
学会目標
学会会則
会長・国際顧問
国際理事会・国際評議員
国際賞
国際賞履歴
学術集会・研修会の履歴
日本語ニュースレター
本会の知的財産権とその特例について
    
事務局  
    
    
    
    
日本国内のIARMM下部団体 (開設年度)
    
世界健康リスクマネージメントセンター (2002)

   
日本予防医学リスクマネージメント学会 (2002)
   
日本医療安全学会 (2013)


   
    
    
    
    
(本世界学会の対象課題)
過去に取り上げられた課題より

医療と福祉の持続的発展、医療訴訟と賠償、医療安全学(医科と歯科)、医薬品安全学、医療機器安全学、臨床検査安全学、福祉安全学、危機管理医学、事故と災害への医療政策学、医療制度論、感染症対策、医療倫理、産科リスク、食品安全、メンタルヘルス危機管理、がん医療でのリスク管理、放射線・原子力の危機管理、地域安全医学、虐待防止、環境安全医学、産業安全医学、安全と法・行政、安全の公共政策、対策の計画と評価、予測シミュレーション、グローバル化と安全、安全基準、安全教育、リスク認知、リスク情報学、資源配分、ネットワーク型医療、安全の経済学、リスク低減の技術、ヒューマンファクター技術、医療の質評価、クリニカルガバナンス、事故調査、リスク行動学、安全システム、苦情対応システム、患者参加と住民参加、リスクコミュニケーション、医療コミュニケーション、他
    
    
    
    
    
IARMMの関連学会設立国
    
米国、フランス、イギリス
日本、韓国、台湾、ロシア、ウクライナ
オーストリア、マレーシア
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    



世界学会 - 国際医療リスクマネージメント学会 (IARMM) -

since 2002


健康と安全の質および量からの向上
医療のサイエンスとアート
持続可能な世界
安全の基準

アジア、欧州、米州、アフリカ





(九州地震情報)

熊本地震・災害ボランティア (熊本県災害ボランティアセンター)


熊本地震災害義捐金 (日本赤十字社)



病院の耐震化を進めましょう !!




学会認定「高度医療安全管理者」資格制度について

本制度は、医療安全に特化した高度な資格を持つ「高度医療安全管理者」を育成し、以て高度な医療安全文化の構築に資するものです。




学会認定「高度医薬品安全管理者」資格制度について

本制度は、医薬品安全に特化した高度な資格を持つ「高度医薬品安全管理者」を育成し、以て高度な医療安全文化の構築に資するものです。




ニュースレター (2015年11月14日)




・・・・ 医薬品安全管理教育セミナー2016春季 ・・・・ 2016年5月21日(土)午後〜22日(日) ・・・・ 東京大学 ・・・・

      ・・・・ チーム医療安全(基礎)研修会・2016夏季 ・・・ 2016年6月25日(水)〜26日(金) ・・・・ 東邦大学 ・・・・

             ・・・・ 医療安全倫理・モラル研修会2016 ・・・ 2016年7月2日(土) ・・・・ 東京大学 ・・・・

・・・・ 医療安全基礎講座2016 ・・・ 2016年7月20日(水)〜22日(金) ・・・・ 東京大学 ・・・・

        ・・・・ 医療安全臨床コミュニケーション実習研修会2016 ・・・ 2016年8月6日(土)〜7日(日) ・・・・ 東京大学 ・・・・

            ・・・・ 第5回臨床安全世界会議 ・・・ 2016年9月21日(水)〜23日(金) ・・・・ 米国、ハーバード大学 ・・・・



世界における災害への募金には国際赤十字社をご利用できます。






【災害の危機管理】

災害・感染症に関する学会報告 -2014年3月10日


今、復興から新らしい未来へ

【感染症の危機管理】

院内感染・薬剤耐性菌の危機管理情報





医薬品安全管理教育セミナー2015春季 (2015年5月、東京大学)は全国から多数の参加者により、盛会に終了しました。

医療安全基礎講座2015 (2015年6月、東京大学)は満席の中終了しました。

チーム医療安全(基礎)研修会2015 (2015年7月、東京大学)は満席の中終了しました。

院内事故調査教育セミナー2015 (2015年8月、東京大学)は満席の中終了しました。

医療安全認定臨床コミュニケーター養成研修会2015(上級コース) (2015年9月、東京大学)は終了しました。

医療安全教育セミナー2015 (2015年9月、東京大学)は満席の中終了しました。

医薬品安全管理研修会2015年度冬期 (2016年1月、東京大学)は満席の中終了しました。

医療安全認定臨床コミュニケーター養成研修会2017基礎編 (2016年1月、東京大学)は満席の中終了しました。

医療安全教育セミナー冬季2015年度 (2016年2月、東京大学)は全国から多数の参加者により終了しました。

医薬品安全管理教育セミナー2016春季 (2016年5月、東京大学)は全国から多数の参加者により終了しました。








* 国際医療リスクマネージメント学会(IARMM)

2012年世界学術会議 

(共催) 第1回臨床安全世界会議


2012年9月8日〜9日。 ロンドン大学


* 国際医療リスクマネージメント学会(IARMM)

第2回臨床安全世界会議


2013年9月12日〜13日。 ドイツ・ハイデルベルグ大学


* 国際医療リスクマネージメント学会(IARMM)

第3回臨床安全世界会議


2014年9月10日〜12日。 スペイン・マドリード


* 国際医療リスクマネージメント学会(IARMM)

第4回臨床安全世界会議

2015年9月28日(月)〜30日(水)

オーストリア・ウィーン (シェーンブルン宮殿)









* 国際医療リスクマネージメント学会(IARMM)

 第5回臨床安全世界会議 



2016年9月21日(水)〜23日(金)

ハーバード大学医学部 Joseph B. Martin Conference Center
米国マサチューセッツ州ボストン市


ホームページ   ポスター   概要



挨拶(英文)    挨拶(和文)


公用語: 英語のみ。 他言語への通訳なし。



"Call for Abstracts" (演題募集中)

一般演題(口演/ポスター)申込期間: 2016年2月1日〜5月31日
 申し込まれた口演はパネル討論会へ編入します。





参加申込用紙  (日本人向け)

参加申込期間: (演題発表者) 2016年4月1日〜6月30日.  (その他) 2016年4月1日〜9月1日

インターネットによる遠隔口演および視聴も可能です。





国際医療リスクマネージメント学会は、2002年に米国ボストン市にあるハーバード大学の多くの仲間も交えて、医療における安全科学に関する世界学術団体として発足しました。 世界の学術振興のため、アメリカ大陸ではコスタリカとカナダ・モントリオール市で国際会議を開催しました。今回は、米国における安全科学の最高学府であるハーバード大学で開催します。

ボストン市はイギリス移民団のアメリカ大陸最初の上陸地、米国独立戦争の拠点、現在は学園都市。米国で最も歴史のある静寂な土地柄はアメリカ人の心のふるさととして全米から多くの人々が観光に訪れます。 静かな森と大自然に囲まれたニューイングラン地方の都において、医療の様々な分野ので安全に関する世界最高度の学術討論会をご堪能ください。


ボストン観光ガイド  ニューイングランド観光ガイド







* 国際医療リスクマネージメント学会(IARMM)

チーム医療安全研修会・2016夏季        概要



2016年6月25日(土)〜26日(日)、 東邦大学


定数になり次第、締め切ります。







* 国際医療リスクマネージメント学会(IARMM)

医療安全倫理・モラル研修会2016        概要



2016年7月2日(土)、 東京大学


定数になり次第、締め切ります。







* 国際医療リスクマネージメント学会(IARMM)

医療安全基礎講座2016        概要



2016年7月20日(水)〜22日(金)、 東京大学


定数になり次第、締め切ります。







* 国際医療リスクマネージメント学会(IARMM)

医療安全認定臨床コミュニケーター養成研修会2016        概要



2016年8月6日(土)〜7日(日)、 東京大学


定数になり次第、締め切ります。
















このホームページは、世界学会の活動の一部を日本向けに掲載しています。

世界における公式ホームページ ⇒ ここをクリック







(C)2002 IARMM このホームページはリング自由です.