世界学会 - 国際医療リスクマネージメント学会 (日本向けの簡易版ホームページ)     世界学会の公式サイト

  入会手続きの方法   活動概要と年会費   オンライン申込   オフライン申込   会費・入会金のオンライン決済   賛助会員
  J Med Safety 投稿規定   〒113-0033 東京都文京区本郷4-7-12-102   TEL/FAX: 03-3817-6770   E-mail: head.office01@iarmm.org



新着情報
学会目標
学会会則
会長・国際顧問
国際理事会・国際評議員
国際賞
国際賞履歴
学術集会・研修会の履歴
国際学会誌
英文ニュース
日本語ニュースレター
本会の知的財産権とその特例について
    
事務局  
    
    
    
    
日本国内のIARMM下部団体 (開設年度)
    
世界健康リスクマネージメントセンター (2002)

   
日本予防医学リスクマネージメント学会 (2002)
   
日本医療安全学会 (2013)


   


   
医療安全用語集(1)
医療安全用語集(2)
    
    
(本世界学会の対象課題)
過去に取り上げられた課題より

医療と福祉の持続的発展、医療訴訟と賠償、医療安全学(医科と歯科)、医薬品安全学、医療機器安全学、臨床検査安全学、福祉安全学、危機管理医学、事故と災害への医療政策学、医療制度論、感染症対策、医療倫理、産科リスク、食品安全、メンタルヘルス危機管理、がん医療でのリスク管理、放射線・原子力の危機管理、地域安全医学、虐待防止、環境安全医学、産業安全医学、安全と法・行政、安全の公共政策、対策の計画と評価、予測シミュレーション、グローバル化と安全、安全基準、安全教育、リスク認知、リスク情報学、資源配分、ネットワーク型医療、安全の経済学、リスク低減の技術、ヒューマンファクター技術、医療の質評価、クリニカルガバナンス、事故調査、リスク行動学、安全システム、苦情対応システム、患者参加と住民参加、リスクコミュニケーション、医療コミュニケーション、他
    
    
    
    
    
IARMMの関連学会設立国
    
米国、フランス、イギリス
日本、韓国、台湾、ロシア、ウクライナ
オーストリア、マレーシア
    
    
    
第1回 (2012年、英国、ロンドン)
第2回 (2013年、ドイツ、ハイデルベルグ)
第3回 (2014年、スペイン、マドリッド)
第4回 (2015年、オーストリア、ウィーン)
第5回 (2016年、米国、ボストン)
第6回 (2017年、イタリア、ローマ)
第7回 (2018年、スイス、ベルン)
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    



世界学会 - 国際医療リスクマネージメント学会 (IARMM) -

since 2002


健康と安全の質および量からの向上
医療のサイエンスとアート
持続可能な世界
安全の基準

アジア、欧州、米州、アフリカ


医療行為はリスクマネージメントそのものです。

本会は質と量から表される「リスク」の考え方を立脚点としています。

本会の目的は、予防、治療そして回復のすべての段階で、質と量の両側面から合理的なリスクマネージメントを構築し、患者中心のより良い医療を構築することです。



学会認定「高度医療安全推進者」資格制度について

本制度は、医療安全に特化した高度な資格を持つ「高度医療安全推進者」を育成し、以て高度な医療安全文化の構築に資するものです。




学会認定「高度医薬品安全推進者」資格制度について

本制度は、医薬品安全に特化した高度な資格を持つ「高度医薬品安全推進者」を育成し、以て高度な医療安全文化の構築に資するものです。




学会認定「高度看護安全推進者」資格制度について

本制度は、医療安全に特化した高度な資格を持つ「高度看護安全推進者」を育成し、以て高度な医療安全文化の構築に資するものです。




医療安全文化のサイクルモデル (2018年7月1日)




第6回日本医療安全学会学術総会
   2019年3月   東京大学




 ・・・  医療安全認定臨床コミュニケーター実習研修(基礎編)2019   ・・・ 2019年5月20日(月)〜21日(火)午前 ・・・ 東京大学

        ・・・  医療安全基礎講座2019  ・・・ 2019年6月13日(水)〜15日(金)午前 ・・・ 京都大学

             ・・・  医療事故調査教育セミナー2019  ・・・ 2019年7月11日(木)〜12日(金)午前 ・・・ 東京大学

                 ・・・  第8回臨床安全世界会議  ・・・ 2019年10月2日(水)〜4日(金) ・・・ チェコ、プラハ市

r> --->

世界における災害への募金には国際赤十字社をご利用できます。



医療安全認定臨床コミュニケーター実習研修2018年度基礎編 (2018年3月、東京大学)は満席の中終了しました。
医療安全倫理・モラル研修会2018(2018年6月、東京大学)は満席の中終了しました。
医療安全基礎講座2018(2018年7月、東京大学)は満席の中終了しました。
医療事故調査教育セミナー2018(2018年8月、東京大学)は満席の中終了しました。
医療安全認定臨床コミュニケーター実習研修会2018 (クライシスコミュニケーション/クライシスガバナンス編、2018年9月、東京大学)は満席の中終了しました。
医療安全教育セミナー2018 (実践編) (2018年10月、東京大学)は全国から多数の参加者により終了しました。
チーム医療安全教育研修会2018 (2018年11月、東京大学)は満席の中終了しました。
医薬品安全管理研修会2018年 (2018年12月、東京大学)は全国から多数の参加者により終了しました。
医療安全教育セミナー2018年冬季(実習編) (2019年3月、東京大学)は全国から多数の参加者により終了しました。

その他の履歴




* 国際医療リスクマネージメント学会(IARMM)

第8回臨床安全世界会議

Patient Safety Promotion by Multi-Occupation

2019年10月2日(水)〜4日(土)

チェコ、プラハ市

ホームページ


  ポスター 

挨拶(英文)


公用語: 英語のみ。 他言語への通訳なし。

一般演題(口演/ポスター)申込期間:  2019年3月1日〜5月31日

参加申込期間:
  演題発表者: 2019年5月1日〜6月30日
  その他:   2019年5月1日〜9月10日

            ⇒ 演題登録フォーム

⇒ 参加申込書

論文投稿規定

国際医療リスクマネージメント学会は、2002年にスイスにて世界の主要な有力大学の教授陣を交えて、医療における安全科学に関する世界学術団体として発足させました。 世界の学術振興のため、米国、英国、カナダ、ドイツ、日本、スペイン、イタリア、スイス、スウェーデン、オーストリア、ロシア、マレーシア、コスタリカ、イランなどで国際会議を開催しました。

プラハ市はチェコ共和国の首都。14世紀から17世紀にかけて神聖ローマ帝国の古都。
9世紀に建造を開始したプラハ城と大聖堂。そこにたどり着くモルダウ河にかかる橋上からの眺めは、天界へつながる道。
千年の都プラハにはたくさんの寺院が密集し、ボヘミアン文化、スラブ民族の中心。


プラハ市観光ガイド  チェコ観光ガイド







* 医療安全基礎講座2019  概要

2019年6月12日(水)〜14日(金)、 京都大学

定数になり次第、参加申し込みを締め切ります。



* 医療事故調査教育セミナー2019  概要

2019年7月11日(水)〜12日(金)、 東京大学

定数になり次第、参加申し込みを締め切ります。



* 医療安全認定臨床コミュニケーター実習研修会2019 (クライシスコミュニケーション/クライシスガバナンス編)    概要

2019年8月22日(水)〜23日(金)、 東京大学

近々、ホームページを公開します。











このホームページは、世界学会の活動の一部を日本向けに掲載しています。

世界における公式ホームページ ⇒ ここをクリック







(C)2002 IARMM このホームページはリング自由です.