IARMM         

 

 

 

 

 

 

医療・介護福祉のための新型コロナウィルスの危機管理のあり方

 

 

テーマ:  ウィルスとの共存下における新たな医療・介護福祉

 

 

 

会期 202083() 4()

 

 会場 インターネット講演会 (定数なし)

 

 

 

主催 国際医療リスクマネージメント学会

 

後援 日本医療安全学会

 

 

 

ご挨拶     プログラム    

 

             ☞ 医療における各種の安全教育プログラム(日本国内向け)

 

    

参加申し込み締め切り 2020727()

          …. 定数はありません。      

 

 

 

参加申込用紙 (オンライン登録)  (参加費が明記されています)

 

 

 

参加申込用紙 (FAXないし郵送)  (参加費が明記されています)

 

 

 (対象者)   国際医療リスクマネージメント学会ないし日本医療安全学会の会員、その他

 

 【医療機関の方へ】

新型コロナウィルスは世界で高速な突然変異を繰り返しており、また。不顕性感染者が多数おり、その感染をゼロにすることは困難です。 歯科がって、今後とも数年にわたり地球規模での感染爆発が繰り返される危険性があります。 そのために、医療機関での危機管理を充分に構築する必要があります。 本プログラムはそのための臨床医学上の基本的な資料を提供するものです。

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

参加者への連絡

本プログラムはZOOMというTV会議用の無料ソフトにて開催します。

 

 

1)  テキストは電子ファイルのホームページをお知らせします。印字版テキストはございません。

 

 

2) 領収書と参加証は講演会後に郵送します。2

 

 

 

 

 

 

 

 

担当事務局: 

国際医療リスクマネージメント学会本部

113-0033 東京都文京区本郷4-7-12-102

 (Tel / Fax)  03-3817-6770  

 

(電子メール) お問い合せ

 


















 

 

 

 

 

 

 

 























 

 

 

 

 

 

 

 

C) WHRMC 2018  このホームページはリンク自由です。