IARMM         

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

医薬品安全管理研修会2023

 

医薬品安全管理研修会 (17年目)

 

 

 

 

会期 2023121() 22()午前

 

 

ライブ会場 → 慶應大学薬学部1号館B1階 中講堂 

東京都港区芝公園1-5-30

  東京駅から地下鉄都営三田線で約10分。

 

 

* オンデマンド(録画視聴)もご利用いただけます。

 

(総定数500名、内会場定数150)

 

 

※ 会場が会場定数(150)に達した場合、それ以降の参加申し込み者はオンデマンド(録画視聴)での参加となります。 録画の閲覧期間:2023124日〜220

 

 

 

 

主催 国際医療リスクマネージメント学会

 

 

 

 

 

 

 

ご挨拶    プログラム    交通案内   校内地図   昼食施設  

 

 

             ☞ 医療における各種の安全教育プログラム(日本国内向け)

 

    

申込締め切り;   2023116

 

会場が定数に達した場合、それ以降の参加申し込み者はオンデマンド(録画視聴)での参加となります。会場定数に達した際には、ここに明示します。

 

 

  参加費を振込み後、本登録完了のメールが届かない方は、参加手続きが完了しておりません。 1/16までに振込み控えを事務局へお届けください。

 (head.office02@iarmm.org)



参加申込  (オンライン申請)   (参加費が明記されています)

 

 

参加申込用紙 (FAXないし郵送)  (参加費が明記されています)

 

 

参加費支払方法

 

(対象者)  医薬品安全管理者、薬剤師、医師、看護師、医薬品製造・輸入・販売業者、その他


(
目的)

本教育セミナーは、厚労省が全国の調剤薬局に対して義務化した「2日間にわたる施設内での医薬品安全教育活動」を実施する際に必要となる資料を提供するものです。なお、医師・看護師の方も広くご参加をお願いします。

 

 

 

本プログラムは、学会認定「医薬品安全高度専門家」資格制度での必須科目の一部ともなります。(高度医薬品安全推進者制度を含んでいます)

 

☞  学会認定「医薬品安全高度専門家」資格制度について

  

  本教育セミナーでは認定試験を行いません。

すべての科目の履修完了後に資格認定申請される際には、本セミナーの受講終了証のコピーも提出ください。

 

 【医療機関・院外薬局の方へ】

 厚生労働省省令では2007年度より、全国の薬局開設者に対し医薬品安全管理責任者の配置を義務化しました。さらに、医薬品安全管理責任者は、指定された諸課題に関して、おのおの年2回程度の研修会を定期開催することが義務化されました。

本学会主催による医薬品安全管理に関する技術安全教育セミナーは、主としてこの指定課題に準じて実施されます。これにより、全国の薬局および医療機関で実施される医薬品安全の研修会における参考資料を提供しょうとするものです。

 

  

 

 

 

 

参加者への連絡

 

会場定数は新型コロナウィルス感染予防のために入場定数を大幅に削減しましたが、入室の際にはマスク着用を必ずお願いします。入り口には手指消毒液を用意します。

 

1)  オンデマンドによる参加をご希望の場合、開催後にメールにて視聴案内をお届けいたします。

 

2)  領収書と受講修了証は研修会後にお届けします。

 

3)  テキストは特設ホームページで事前に配信します。 

 

 

 

 

 

 

 

 

担当事務局: 

国際医療リスクマネージメント学会本部

113-0033 東京都文京区本郷4-7-12-102

 (Tel)  03-3817-6770 

 (Fax)  03-6801-6987  

 

(電子メール) お問い合せ

 


















 

 

 

 

 

 

 

 























 

 

 

 

 

 

 

 

C) IARMM 2022  このホームページはリンク自由です。